スピーキング

【スピーキング1限目】英会話がうまくなるにはこれ!
英語を話すときの心構え

英会話の心構え

皆さんは英会話ががうまくなるにはどんな必要だと思いますでしょうか?

やっぱり単語力?それとも文法?

話すとなるとコミュニケーション力やネイティブのようなイントネーションが必要?

などなど思い浮かぶ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

どれも正解だと思います。

しかし、実際に会話するとなるとそれより大事なことがあると筆者は、
飲み屋で知り合った外国の方。

フィリピン留学で話した学生の子。

マルタ留学のときに討論した英語の勉強。

いろんな経験を得てもっと大事なことがあると感じてます。

今回はそんな

  • 英会話話したいけど、うまく話せるか心配
  • どうやって英会話は上達すればよいの?
  • 海外の方が思う、日本人はもっとこうすれば英会話は上達する!
  • とにかく英語で話せるようになって海外のイケメン!美女!と話したい。

そんな方々に向けて、英語を話すときの心構えについてお話します。

じゅんちゃん

実際にすべて経験して、何人かお話を聞いてこの答えになってるよ!

英語を話すときの心構え

英語を話すときの心構えっていろんな要素があると思います。

イントネーションや文法・単語すべて大事な要素です。

でも、ネイティブの方々聞くとこの一言しかでてきません。

それは・・・

とにかく間違えてもいいから、喋ろう!!

です。

皆さんは色々ミスすることを恐れてなかなか話せない方もいらっしゃるかと思います。

よくある恐れも見てみましょう。

じゅんちゃん

もうこの一言で完結!というぐらい大切だよ。

イントネーションなんて気にしないで!

良く海外の方の英会話を聞いてるとなんてスラスラとネイティブのイントネーションで
話してるんだ。

こんなにうまく話せない。

私の英語は、カタカナ英語(ここではJapanglishと呼びます)で
通じるか不安。

そんな方も多くいらっしゃるかと思います。

しかし安心してください。

Japanglishでもしっかり相手には伝わります!

日本語と英語ではそもそも子音の話し方が異なってるので、
そんなすぐにネイティブが使うようなきれいなイントネーションで話せません。

なのでイントネーションに恐れず、まずは話していきましょう!!

じゅんちゃん

しっかり伝えようと気持ちを込めれば絶対に通じるよ!

英語は多少文法を間違えてもしっかり通じる!

英語と日本語は極端に文法が異なってます。

だからこそ文法あってるかな?文法違ってると伝わらないんじゃないかな?

と思う方もいらっしゃると思います。

安心してください。

文法もある程度までのミスであれば、話せば通じます。

こちらは日本語と英語どちらも共通です。

例えがあったほうがわかりやすいのでそちらを見ていきましょう。

文法を間違えてても伝わる例文

【日本語】

・正)私は日本語を話します。

・誤)私話します。日本語を。

【英語】

・正)I speak English.

・誤)I speaks Englis.

例文を見ての通り、一部文がおかしくても日本語でも通じます。

じゅんちゃん

ある程度は大事ですが、少しの違いぐらいだと全然通じるよ!

単語ミスは恐れないで!!とにかく単語は使って覚えよう!

最後に英語話すときに間違えちゃったら・・・と思う点として
単語がわからないから話せないということもあると思います。

日本語でもあれあれ・・・と言いながら悩む時ありますよね。

そんな貴方におすすめな単語の伝え方が2つもあります!

①Goole 翻訳を使う

②言いたい言葉について説明する

じゅんちゃん

どっちも簡単にできるよ!

Google翻訳を使う

Google翻訳といえば文章を入れると変な変換しちゃうことも多いのですが、
単語であれば十分に翻訳してくれます。

同じ言葉でもニュアンスが違う言葉もあったりするのですが、
今までの会話の流れでどのニュアンスの単語か相手も理解してくれることも多いです。

ネイティブの方も日本語がわからない時、
Google翻訳を使いながら話すので世界共通でおすすめな方法です。

じゅんちゃん

世界中どこでも使えるよ!

言いたい言葉が出ない時その言葉について説明する

こちらは少しレベルが上がるのですが、十分に使える手段です。

こちらは例文を見て見ましょう。

言いたい言葉が出ない時その言葉について説明する

例)「りんご」という単語が出てこない時。別の言葉を使って説明

【日本語】

えっと。果物で色は赤色なんだけど。白雪姫の映画でも出てたあの果物ってなんだっけ?

【英語】

Ah…It’ fruits. It’ color is red. Snowwhite ate it. What is name it fruits?

など、物当てゲームみたいにして相手から教えてもらうこともできます。

これだけでかなり会話することになるので、相手と会話も弾みます

じゅんちゃん

お互いに通じた時めちゃくちゃ大喜びできるよ!

英会話は身構えなくて良い

以上英会話をするときの心構えについてご紹介しました。

それぞれの英会話するときの不安はこれらです。

  • 英文法の間違いに対する不安
  • イントネーションの不安
  • 単語がわからない

様々な不安があると思うのですが、あまり身構えなくても大丈夫です。

英語はとにかく話すと通じます!

筆者もよく間違えたり、英文法や単語がめちゃくちゃなときもあります。

でも英語を話す友人からは英語が上手だねと言われます。

その理由を伺ったところ、

【日本人は間違えを恐れてあまり話せてくれない。その点君はまだ話してくれるから
こっちからより理解しようと話を深ぼったりできたりするから、
まず間違いなど恐れず話してくるほうが大事だよ】

とおっしゃることばかりです。

ぜひ、恐れずまずは話してみましょう!

今日はここまでっ

またね〜♪